総量規制でも借りられる

総量規制とは?言葉の意味や基準を分かりやすく解説するサイト

こちらページでは、総量規制対象者でも手持ちカードのショッピング枠を現金化できる人気サービスを、現金振込までにかかる手間や時間、サービス運営業者の実績・信頼度、実際の利用者の口コミ・評判などから総合的に評価した1〜5位のランキング情報を紹介しています。いずれもリンク先の公式サイトより24時間いつでも無料で申し込み・問い合わせができますので、お困りの際は参考にお役立てください。

ゴールドラッシュ

総量規制

≪選ばれるポイント≫
◎年中無休で24時間365日受付
◎他者に負けない高還元率
◎最短10分で送金可能

○他社で断られたカードも使用可能
○申し込み金額に制限なし
○ご本名義のカードであれば無審査
総量規制

 

あんしんクレジット

総量規制とは

≪選ばれるポイント≫
◎還元率は業界最高クラスの97%
◎来店なし・審査なし・出張可能
◎全国どこでも最短10分即日入金

○創業10年以上の信頼と安心感
○ネットバンクは土日祝日24時間対応
○メール申し込み問合せは24時間受付
総量規制とは

 

ギフトクレジット

総量規制 解説

≪選ばれるポイント≫
◎有名サイトに優良店と認定
◎初めての利用は30分で対応
◎お手続き完了後5分で送金

○家賃支払いでの利用者多数
○女性スタッフ対応も可能
○比較サイトでランキング一位
総量規制 解説

 

ひまわりギフト

総量規制 意味

≪選ばれるポイント≫
◎土日祝日でも即日入金
◎毎月15日は還元率3%アップ
◎業界最高換金率を宣言中

○振込先により24時間365日対応OK
○直接会っての現金手渡し可能
○簡単3分のインターネット申込み
総量規制 意味

 

らいふ

総量規制 基準

≪選ばれるポイント≫
◎お友達紹介キャンペーン
◎複数枚のカード利用可能
◎auウォレットや法人カード利用可

○シンプルでわかりやすい還元率
○必要な時に必要なだけ提案
○他社からの乗り換え相談可
総量規制 基準

 

 

総量規制とは2010年6月18日に施行された、年収の3分の1を超える金銭の借り入れを規制することをいいます。総量規制について考える場合、まず総量という言葉の意味を把握しなければいけません。

 

総量規制における総量とは貸金業法に基づき金銭の貸し付けを行う、貸金業者からの借り入れの総額のことをいいます。例えば、消費者金融業者、信販会社、クレジットカード会社などです。またこの他にも質屋やリース会社などが該当する場合があります。銀行からのカードローンや住宅ローン、自動車ローンなどは貸金業法に基づいた貸し付けでは無いので総量規制の基準には該当しません。

 

そのため、銀行からのカードローンなどの貸し付けが年収の3分1を超えていたとしても総量規制には該当しません。極端に言えば、すでに総量規制に該当し、消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシングが利用できない方でも、銀行のカードローンならばお金を借りることができる可能性があるということです。しかし実際に銀行から貸し付けを受ける場合、収入などの審査がありますから注意しましょう。

 

総量規制に該当してしまっている方でよく心配されているのが、年収の3分の1を超えた分はすぐに返済しなければいけないのかということです。年収の3分の1を超えている借り入れに関しては今まで通り返済を続けることになります。借り入れ残高が年収の3分の1を超えている限り貸金業者からの新しい借り入れはできないということになります。

 

総量規制では銀行からの借り入れ、またショッピングの分割払い、リボ払いなどは該当しません。あくまで貸金業者からの金銭の借り入れになりますから、覚えておきましょう。また総量規制の基準になる年収は定期的な年収が定められています。ギャンブルでの収入などは年収とは判断されませんから気をつけましょう。

 

総量規制の施行以降、借り入れの残高が50万円を超える場合は、収入の証明を貸金業者に提出することが必要になりました。これは実際に借り入れが無くても所有しているローンのカードの貸付枠(利用可能額、限度額)が50万円を超えている場合に必要になります。なお、50万円という限度は1社のみの契約、複数契約している場合は100万円が契約している全ての業者の合計になります。