総量規制のキャッシング枠について

総量規制のキャッシング枠について

総量規制で規制される貸し付けにはクレジットカードのキャッシング枠やキャッシングの利用残高も該当してしまいます。そのため消費者金融などからは借り入れをしていない方でも、クレジットカードによるキャッシングが規制の範囲に該当していれば総量規制を受けることになります。

 

クレジットカードにはほとんどの場合、お買い物や各種支払いに利用できるショッピング枠と、クレジットカードを利用し、コンビニなどのATMからお金を借りることができるキャッシング枠が設定されています。クレジットカードを所有している人の状況によっては利用可能枠というのはさまざまで、中にはキャッシング枠が不要であったり審査の状況などからキャッシング枠を設定していないという方もいますが、そういった方は総量規制の対象にはなりません。

 

クレジットカードを利用したキャッシングもその他の貸金業者から貸し付けを受けるのと同じように総量規制の対象になります。まず、クレジットカード会社1社の契約に対しキャッシング枠が50万円を超えている場合、また借り入れ残高が50万円を超えている場合は総量規制に該当してしまいます。複数社にわたりクレジットカードのキャッシング枠がある場合や、借り入れ残高がある場合は全ての総額が100万円を超える場合にも総量規制に該当します。

 

この場合、新たな借り入れをしたいと考えていても年収の3分の1をすでに超えている状態であれば貸し付けを受けることはできません。また現状でキャッシングを利用する予定が無くてもキャッシング枠が規定の額に達していれば収入を証明する書類などの提出が求められることになりますから覚えておきましょう。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス