総量規制のクレジットカードについて

総量規制のクレジットカードについて

総量規制が導入された2010年6月18日以降、貸金業者などからの借り入れは年収の3分の1を超えるて利用することはできなくなりました。貸金業法が制定されてから制度の準備のために総量規制が施行されるまでは少し時間がありましたが、総量規制にはクレジットカードも対象になるのではと心配されている方はとても多かったように感じます。

 

そもそもクレジットカードとは利用代金を後で支払うことができるものです。かんたんに説明しますと、お店で商品を購入した場合クレジットカードで決済をすると、カードを発行しているクレジットカード会社が商品を販売した加盟店へ商品代金を肩代わりしてくれます。そして後からカード利用者に対し、利用代金を請求する仕組みです。

 

総量規制が施行されるにあたり、多くの方が心配したのがクレジットカードの後払いや分割払い、ボーナス払い、リボ払いの残高について規制がかかるのではないかということです。クレジットカードのショッピング限度額については個人により額に違いがありますが、一般的には50万円程度の方が多いでしょう。もし総量規制を受けショッピングが利用できなくなるとすればとても不便を強いられてしまいますね。

 

現在クレジットカードは学生や主婦、会社員や自営業者の方など性別や年齢を問わず活用されているアイテムです。クレジットカードがあれば現金を持っていなくても決済をすることが可能ですし、インターネットショッピングや通信販売ではとても重宝するものです。またクレジットカードでお買い物を利用するごとに、現金などの代わりに使用することができるポイントサービスなどもありますから、現金でお買い物をするよりも得だと感じる人が増えていますね。

 

問題はクレジットカードの利用は総量規制に該当するのかどうかということですが、かんたんにいうとショッピングの利用には該当しませんがキャッシングの利用には規制に該当してしまう場合があります。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス