総量規制の影響について解説

総量規制の影響について解説

総量規制で影響を受けるのはどのような場合かお話します。まず貸金業者からの借り入れ残高がすでに年収の3分の1を超えている場合です。この場合は返済を行い、年収の3分の1を下回る状態にならなければ新たな借り入れを受けることはできません。また借り入れを受ける場合も年収の3分の1を超えての借り入れはできません。

 

次に、貸金業者などから借り入れをすることができる限度額が年収の3分の1を超えている場合、新たにローンカードなどを作ることができなくなります。実際に借り入れが無くても所持しているローンカードすべての(銀行は除く)の限度額の合計が総量規制の影響を受けることになります。これはクレジットカードなどに付属しているキャッシング利用可能額についても同じですから注意が必要です。

 

さらに1社につき50万円、複数社の合計で100万円の借り入れ残高、もしくは限度額が設定されている場合は収入を証明する書類の提出が求められるようになります。もし収入を証明する書類が提出できなかったり、収入自体が無い場合、限度額の大幅な減額や新たな借り入れというのが利用できなくなります。

 

また今まで配偶者の収入をもとにカードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用していた場合も年収の3分の1を超える残高がある場合や限度額が設定されている場合は配偶者、もしくは本人の年収を証明する書類の提出が求められるようになります。

 

総量規制が与える影響により、規制前はできるだけ借りておこうという方が増加する傾向にありました。現在では貸金業者などは規制を受けてしまうと利用ができません。しかし小口融資であれば柔軟に対応する銀行なども増えてきています。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス