総量規制の学生について分かりやすく解説!

総量規制の学生について分かりやすく解説!

総量規制により年収が無い場合は貸金業者などからの貸し付けを受けることはできなくなりました。学生がキャッシングなどの貸し付けを受ける場合は、アルバイトなど安定した収入を得ていることが必須条件になります。

 

年収として収入があれば、消費者金融やクレジット会社、信販会社などから貸し付けを受けることができます。もちろん年収の3分の1を超えての貸し付けは受けることができません。また収入を証明する書類の提出を求められることになりますから、書類の準備が必要になります。

 

学生ローンという言葉をよく目にしますが、実際には学生だから借りられるというわけではありません。借り入れをするための条件は社会人であっても学生であっても同じです。現時点で総量規制の影響を受けている場合には、銀行系のカードローンであれば小口融資を受けることができる可能性があります。

 

銀行系のカードローンは以前ですと、消費者金融に比べ審査が厳しいものでした。現在は総量規制の影響を受け、銀行系カードローンの需要が増したことから、柔軟に対応している金融機関も多いです。ここでも収入が全くない場合は融資を受けることはできませんが、学生でもアルバイトなどの定期的な収入があれば融資を受けることは可能です。

 

年収や借り入れ残高などを照らし合わせ、返済能力があるかどうか審査されることになります。金融機関の中には一定の範囲内の貸し付けであれば収入証明書の提出が不要な場合もありますから、どうしても貸し付けを受けたい場合は相談してみましょう。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス