総量規制の銀行カードローンについて

総量規制の銀行カードローンについて

総量規制は貸金業法に基づいて貸し付けを行う場合に規制対象となります。貸金業者からの借り入れは総額で年収の3分の1を超えることはできません。しかし銀行のカードローンはどは総量規制の対象外となっていますから、銀行の審査状況によっては年収の3分の1を超えていたとしても借り入れをすることができます。

 

銀行は銀行業法に基づき金銭の貸し付けを行いますから、総量規制の影響を受けることはありません。そのためすでに貸金業者などからの借り入れが年収の3分の1を超えていたとしても新たに借り入れをすることができる可能性があります。しかし、もともと銀行カードローンなどは審査が厳しくかんたんには借り入れを受けることができません。

 

しかし総量規制後は今までのように貸金業者から借り入れを受けることができなくなった人を対象にした銀行カードローン商品も見かけることができます。配偶者に収入のある主婦や貸し付けの範囲が100万円以下の場合は収入の証明が無くても借り入れを受けることができる場合があります。特に本人に収入がなくても配偶者に収入がある場合、50万円の限度内であれば銀行カードローンが利用できる金融商品などもあり、そういった商品であればパートタイマーやアルバイト、年金受給者や専業主婦であっても銀行カードローンの申し込みが可能です。

 

しかしどのような銀行カードローンであっても審査があるのにはかわりはありません。個人信用情報機関では借り入れや返済の状況を確認することができますから、銀行はその情報をもとに返済能力の有無を判断することになります。もちろん審査に通れば総量規制を受けることなく、借り入れをすることが可能です。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス