総量規制の自営業者・個人事業主について解説

総量規制の自営業者・個人事業主について解説

総量規制では年収の3分の1を超える貸し付けは規制されることになります。これは自営業者である個人事業主にも該当しますから、すでに何らかの理由で年収の3分の1を超える借り入れがある場合、事業目的であっても借り入れができないという状況になってしまいます。

 

新たに借り入れができなくては、事業を継続するのが難しくなってしまうという個人事業主の方も多いでしょう。そこで総量規制では自営業を営む個人事業主に対し、総量規制を超えて借り入れを希望する場合は、事業計画や収支計画、資金計画を書類にした物を提出し、返済できる能力があると判断された場合、総量規制を超えて借り入れができるようになります。

 

総量規制を超えて借り入れをする場合、100万円を超える場合事業計画や収支計画、資金計画書類の提出が必要になります。100万円を超えない場合ですと、事業の状況や収支、資金繰りの状況を書類にした物を提出すれば借り入れが可能です。しかし実際に貸し付けを行うかどうかを判断するのは各金融業者になりますから、注意が必要です。

 

自営業を営む方の中には取引のタイミングなどによる一時的な資金不足を補うためにローンカードやキャッシングを利用しているという方も多いです。個人事業主は銀行などからの借り入れが不利になる場合が多いため、このような手続きを行い準備をしておく必要があると考えます。

 

もし、起業前であったり、起業してからまだ1年がたっておらず書類の作成が難しい場合は、借り入れを希望する金融業者、貸し付け業者に相談をしてみましょう。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス