総量規制のショッピングについて解説

総量規制のショッピングについて解説

クレジットカードではお買い物の代金や、各種支払いなどに利用できるショッピングとクレジットカードでお金を借りることができるキャッシングがあります。クレジットカードはインターネットでのお買い物や公共料金の引き落としなどいろいろな所で活用できるとても便利なものですね。

 

クレジットカードでは1回払いのほかにもいろいろな支払い方法が選択できますが、基本的には全て後払いになります。1回払いですと利息がかからずに支払いを後払いすることができますが、分割払いやボーナス払い、リボ払いなどはクレジットカード会社に代金を肩代わりしてもらい、その代金と利息を何度かに分けてクレジットカード会社に返済することになります。そのため総量規制の施行時にはクレジットカードでショッピングをした分割払いやリボ払いなどの割賦払いに対しても規制がかかるのではないかと心配された方も多いです。

 

総量規制では貸金業法に基づく貸し付けが対象になります。そのためクレジットカードを利用したショッピングでの利用は対象外となっています。1回払いはもちろん、分割払いやボーナス払い、リボ払い、また公共料金や携帯電話、家賃の引き落としなどをクレジットカードで行っていたとしてもショッピングの扱いになりますから、総量規制の対象にはなりません。

 

クレジットカードを新たに申し込む場合、所有しているクレジットカードにキャッシングの利用可能額の設定がなければ総量規制に該当することは無く、審査にクリアさえできれば設定されたショッピング利用可能額内で自由にショッピングを利用することができます。

 

しかしクレジットカードにキャッシングの利用可能額が設定されていたり、キャッシングでの借り入れがある場合は総量規制に該当してしまいますから注意しましょう。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス