総量規制の融資について解説

総量規制の融資について解説

総量規制を受けると年収の3分の1を超える金銭の借り入れができなくなります。こう見てみますと、全ての融資に対し、総量規制が該当してしまうと判断するかたがほとんどですね。しかし実際には貸金業法に基づいて貸し付けを行う貸金業者からの融資、例えば消費者金融からの融資や、クレジットカード会社を利用したキャッシング、信販会社のカードでのキャッシングローンなどが総量規制に該当します。

 

銀行や信用金庫、労働金庫、農業協同組合や郵便局は貸金業者ではありませんので、借り入れ残高に対する総量規制に関係なく、融資をうけることができます。そのためすでに年収の3分の1を超える借り入れが貸金業者からある方は上記金融機関から融資を受けることができます。逆に年収の3分1を超える借り入れがあったとしても、貸金業者から借り入れをしていない場合は貸金業者から融資をうけることができます。

 

しかし、銀行や信用金庫、労働金庫、農業協同組合や郵便局などを利用する各種ローンやローンカードのキャッシング利用については、所定の審査が設けられます。そのため金融機関が返済能力が無いと判断してしまうと融資を受けることが難しくなっています。少し昔ですと消費者金融が利用できない方は銀行などの審査もクリアすることが難しいというのが一般的でした。しかし最近ではいろいろな理由をもとに銀行などの融資も受けやすくなっているように感じています。

 

本人に収入が無く、配偶者に収入がある場合や、本人がパートタイマーやアルバイトで定期収入がある場合などは、一定の範囲内で融資を受けることができる可能性がありますから、融資の希望がある場合は各金融機関に相談をしてみましょう。

 

⇒総量規制中でも借りれる現金化サービス